With A

好きなことと共に生きてゆく

MENU

理想の彼と結ばれるために~私がスカートを持っていない理由~

おしゃれな人がモテるかどうかは知らないし、おしゃれだから恋愛がうまくいくとは思わない。

ももし大好きな彼とお付き合いできることになって隣で寄り添う彼女がおしゃれか、はたまたダサいか。どちらがいいかは明白であると思う。 

 

 

 いかにいいイメージを持ってもらうか

 

私が思うおしゃれな人とは

常に自分に似合わない服以外を着てる人。

はずれのイメージが少ない人

なのである。

 

至極当然のことなのだけど世の中はいいイメージのある人が得をする世界である。

 私たちは当たり前に「あの子かわいいから得だよね。」とか「あれだけ足が速かったら得だよね。」そんなことを考える。

ブスよりかわいい人間が好きだし、運動神経のよい人間になれるのであればなりたいと思う。

だって人間には感情が存在するから。自分にとっていいイメージの人を好きになるのは当然なのだ。

いいイメージを持たれるためには

いかにはずれのイメージを減らすか。

 

f:id:sono_asahi:20170706212539j:plain

 

ローリスクな選択を。

彼におしゃれな人だなって思われたい。

「いつも同じような服」と「見る度に違う服」

前者は手抜き感満載であるのに対して、後者のほうがデートの度に服を変え、いつもと違う自分を演出し彼にアピールしている感は高い。いいイメージを持たれやすい気がする。

しかし後者は一度彼の好みを外れてしまうとそのイメージが強く残ってしまい、ダサい子のイメージがつくリスクが高い。

そしていつも同じような服を着ていても実際のところ彼はそんなに覚えていない。

 

「私、髪型変えたの。似合う?」

「うん。」(前の髪型が思い出せない。)

 

多分人生なんてこんなもんである。

 

 

私がスカートを持っていない理由。

太い足をさらけ出す短いスカートを履く気にはならなかったし、身長が低いためロング丈のスカートは服に着られてる感満載だった。おまけに足も短いため膝丈スカートはどう頑張ってもバランスが悪い。

自分自身のなかでここまではずれイメージがついてしまうとどうしても時間をかけ、お金をかけ、スカートを買う気にはなれなった。

 

最初に書いたように

おしゃれな人がモテるとかうまくいくとかは知らない。

ただ

理想の彼がいるあなたへ

好きよ好きよの気持ちだけじゃなく自分の今の状態を冷静に分析してみてもいいのかも。腹黒上等。かわいいもおしゃれも作れる。
大いに染めよう誰にも見えない腹の中。