With A

好きなことと共に生きてゆく

MENU

直木賞&本屋大賞のダブル受賞の恩田陸作品で私が最も好きなお話。

蜜蜂と遠雷」での直木賞本屋大賞のダブル受賞で最近話題の恩田陸さん。そちらはまだ読めていないので読んだら記事にしていこうと思うのです。

とその前に恩田陸の世界に入り込むため私が最も好きな恩田作品「夜のピクニック」を読み返しました。

 

あらすじ

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

 

  丸一日をかけて80キロを歩き通すという高校生活最後の一大のイベント「歩行祭」を舞台に生徒たちは親しい友人と話をしたり、想い人への気持ちを打ち明けあったりして一夜を過ごす。そんな中、甲田貴子(こうだたかこ)はある一つの賭けを胸に秘め「歩行祭」に臨んでいた。三年間のわだかまった気持ちを清算するために。

貴子と西脇融(にしわきとおる)の心情描写をメインに友人の戸田忍(とだしのぶ)・遊佐美和子(ゆさみわこ)などとの関係性や、転校してしまい歩行祭に参加していない友人の榊杏奈(さかきあんな)の思いなど高校生の青春そのものが詰まった物語。

 

この感情の名前は

夜のピクニックの本のそでに作者のプロフィールが載っている。そしてその中にこんな一文がある。

活字でこんなことが出来るのか、という驚きと感動を提供して注目を浴びる。

 この本を読むたびにこの言葉に強く共感します。

 

高校3年間の終わりとは一度人生が終わることを意味すると私は思っています。それだけ卒業には大きな意味があったし、卒業したらもう二度と会えないかもしれないって錯覚していました。(実際会っていない人もたくさんいるのですが)

そして卒業してしばらくたつと「あぁ、人生は続いていたんだな」と実感するのです。

 

高校3年生。人生の終わりがもうそこまできている。

「あなたが悪いわけではない。でもどう接していいかわからない。」

「最後だからこそ。この気持ちをどうにかしたい。」

時間が経てばもうどうでもいいことかもしてない。でもだからこそ一歩踏み出したい。そんな貴子の強い想いが本当に眩しい青春小説です。

自分自身でもうまく言葉にできない名前のない感情を余すことなく表現しきった文章は活字の域をこえています。これが恩田陸の世界。何度読んでも本当に圧巻です。

 

昔から本が好きだった

小さいころから実家には毎月兄と私の分と2冊ずつ絵本が届いていた。寝る前には必ず読み聞かせをしたい母のこだわり。そしてどこから運ばれてきたのかわからないがそれ以外にも我が家には100冊を優に超える絵本があったし、近所住む歳の離れた高校生のお兄さんの影響で漫画本にあふれていた。文字通り本に囲まれた幼少期だった。

中学生・高校生になると学校で朝の読書の時間があり、ありがたいことに好きな本を持ち込めた。その頃はミステリー系の小説にはまりだし、それから徐々に人間の本質・人間の心の動きなんかに興味を持つようになった。

 

文章を通して人生は一生学びの場なのだと再確認する

歳を重ねるにつれて、たくさんの本と出会いました。小説だけではなく、漫画、雑誌、写真集、ビジネス書、自己啓発本などなど。

最近ではネットで簡単にたくさんの文章を読むことができ、

「この人はどうしてこんなに面白い文章が書けるのだろう」とか

何気ない日常の幸せを表現できる言葉を学んでいます。

学校では教わらない(ただ聞いてなかっただけかもしれないけど)価値観が溢れている読み物の世界。身近に、手軽に読めるようになった科学の進歩に感謝です。

 

様々な種類の文章に触れてきました。

その中でも時間を忘れてその世界に没頭させてくれる物語がやっぱり私は大好きなのです。

 久しぶりに読み返した「夜のピクニック

夢中で何度も読んでいた高校生時代。映画を見て、もう一度読みなおした大学生時代。

社会人になって知らない土地で不安になったときわざわざ実家から送ってもらい、時間を忘れるくらい読み直した大切な本。出会いに感謝したい気持ちでいっぱいです。