With A

好きなことと共に生きてゆく

MENU

こんな青春あってもいいの?映画「セトウツミ」

セトウツミ ☆☆

セトウツミ

セトウツミ

 

STORY 


池松壮亮&菅田将暉!映画『セトウツミ』予告編

 

あらすじは高校生の瀬戸と内海の放課後を描いた会話劇。

以上です。(笑)

怖い先輩がいて、憧れの彼女がいて、たまに将来とか真面目なこと考えて、

気のあう友達と中身のない会話をする時間が1番楽しくって。そんな日常中の日常をテンポのよい会話で表したお話です。

 

感想 ~結局その時間が1番。~

学校と家の往復だけで授業を受けることさえ憂鬱だった高校時代。

毎日友達と会うことができ、放課後に何の中身もない会話ができることがどんなによい時間だったかと気づくのはその時間が過ぎ去ってしまったあと。学生時代の当たり前の日常を思い出し私も青春してたんだなーとしみじみ。そんなちょっと懐かしい後味を味わえちゃいます。

話の内容としてはシュール。ほんとにシュール(笑)

関西出身の菅田将暉さんはもちろん、池松壮亮さんのテンポの良い関西弁での会話は本当にその辺の芸人さんより面白くってつい吹きだして笑っちゃいます。

制服の着方や話す時の姿勢、階段に座って会話の最中にズボンの裾めくっちゃうところとかそんな仕草も「めっちゃぽいわ~」って感じです。

 

今だから言えるけど

 上に書いた感想は高校生を終えて10年くらいたつ私が見たから言える感想なわけで。現役の高校生や、これから憧れの高校生活をスタートさせる小・中学生の方々が見たらきっと違う印象と思います。

そんな意味では家族みんなで楽しめる映画かなとも思います。

 

 

だいぶ真面目な感じで感想書きましたが、感じ的にはゆるーい感じなので気負わず見るものかと思います。

今日はちょっと疲れたなとか、なにも考えたくないなって時にピッタリです。時間も75分と短めなので本当に手軽に見れる映画です。

 ご興味お持ちいただけた皆様、ぜひ一度ご覧いただけたら幸いです。